年上女性に逆レイプされてあっという間に童貞を剥奪されました

投稿者:根本さん (21才 男性 山梨県)

この歳になるまで童貞を捨てられずにいたのは、女性とまともにセックスできるかどうか不安だったからです。

やろうと思えばキスもできるしおっぱいも揉めますし乳首も愛撫できるでしょうが、女性器だけは実際にその構造がどうなっているか開いてみなければわからず、いざ挿入する段階になってもどこに入れたらいいのかわからなくなると思ったのです。

下付とか上付とか、女性によって膣の位置も違うと言いますからね。

今まで付き合った女性はいないわけではありませんでしたが、肉体関係にまで発展したことはありません。

漠然とした不安が僕を童貞喪失セックスから遠ざけていたのだと思います。

そんな僕が出会い系サイトで童貞を捨てようと思ったのはつい最近のことです。

虎穴に入らずんば虎児を得ずではないですが、女体に挑まなければ永遠に童貞でいなければならないわけで、ここはチャレンジするしかありません。

僕は信頼度の高い某有料サイトに登録し、相手を探しました。

さてどんな女性がいいかと掲示板を見ながら考えていた矢先のことです。

「私と会わない? 男にしてあげるよ」

と28歳の年上女性からメールが飛んできたのです。

まるで僕が童貞であることを見透かしているかのようなメールでした。

「恋愛経験がないとか何とか書いてるでしょ? 自分が童貞だって言っているようなものじゃん」

確かに。

僕は未熟でしたし、出会い系経験もなかったので、簡単にその年上女性から逆ナンパされてしまい、会うことになったのです。

むこうから誘惑してきたので楽と言えば楽ですが、あの不安(まともにセックスできるかどうか)は消えないままでした。

割と男っぽいところがある女性ですから、膣の位置も見つけられない僕を馬鹿にするかもしれません。

不安でした。

重ねて彼女が待ち合わせ場所にエロい恰好で来たものですから、不安はさらに増しました。

―こんなプロみたいなエロ女を料理できるわけないじゃん―

でも結果論として、その不安は杞憂だったことがわかりました。

彼女はお茶の後「ラブホ行こう・・・目的はそれでしょ?」と言って僕をぐいぐい引っ張ってラブホテルに連れ込んだのです。

あっけに取られていた僕はどうしたらいいのかわからずおどおどしていましたが、彼女はいきなり即尺したのです。

「気持ちいい? もっと気持ちよくしてあげるからね~」

「でも・・・」

「じっとしてていいのよ・・・とりあえず勃起だけしてくれたらいいから」

まるで赤ちゃんのおむつを替えるように僕の下着を脱がすと、彼女も下半身を露わにして、いきなりセックスを始めたのです。

言ってみれば逆レイプでした。

僕はあっという間に童貞を剥奪されました。

膣の位置がどこかなんて確かめる余裕もなく、一気にハメられて射精。

童貞喪失に関する長年の不安は何だったのかと思います。

笑いたくなるほどです。

その女性はいわゆる童貞キラーと呼ばれている人で、童貞ばかりを狙って出会い系を徘徊しているようです。

こんな女性に逆ナンパされて逆レイプされたら童貞喪失も楽です。

こんな女性がたくさんいたら、世の中の童貞は悩まずに済むと思います。

カテゴリー: 体験談 タグ: , ,